トップページ企業情報 > 品質及び食品安全への取り組み

品質及び食品安全への取り組み

お客様に「安全・安心」をお届けする品質保証体制

弊社は2002年6月より国際規格であるISO9001の認証を取得し、品質マネジメントシステムを維持管理して参りました。また2011年7月には同じく国際規格ISO22000食品安全マネジメントシステムを取得し、より高い衛生管理ができるよう取り組みを開始。さらに2013年12月にはFSSC22000の認証を取得し(登録組織/対象範囲:株式会社トンボ飲料)、より高い衛生管理ができるよう取り組んでいます。

トンボ飲料 会社方針
(食品安全/品質方針)

お客様が満足する商品を作ること。
そのためには、従業員の衛生意識と衛生管理技術と情報共有力を高め、食品安全を保証する有効なシステムを作るとともに、固有の専門技術により、お客様の期待を上回る品質を実現させること。

昨今、食品の安心と安全についての関心は高まっており、法律の改正が頻繁に行われ、成分や表示に関わる専門知識が多岐にわたって求められています。
弊社では薬剤師や管理栄養士などの専門知識を持った担当者を配し、お客様のご質問やニーズに常にお応えできる体制を整えています。

開発課品質保証課製造課品質保証課

また、QC活動、見える化活動の推進、定期外部監査・講習会等を通じ、全社員が目標意識をより強く、より明確に持ち、改善提案や教育訓練などを積極的に行うよう働きかけています。

今後、より良い製品を生産しお届けするだけでなく、より良いサービス、情報をお届けし、皆様に愛されるよう一層努力して参ります。

ページの上に戻る