トップページ新着情報

ご当地ドリンクメニュー“黒割”(くろわり)が誕生! 〜「富山ブラックサイダー」が居酒屋とコラボレーション〜

ニュースリリース

2012年07月26日

株式会社トンボ飲料(富山県富山市、代表取締役社長 翠田章男)は、今春新発売した地サイダー「富山ブラックサイダー」の新しい飲み方を提案、富山市内の居酒屋と協力し、ご当地アルコールメニューとして展開中です。

「富山ブラックサイダー」とは?

富山県で生まれたご当地ラーメン「富山ブラック」のやみつき感をイメージしたサイダーです。ブラックラーメンの一番の特徴である、醤油ベースの真っ黒いスープ、大量にきかせたコショウをサイダーで表現しました。色はラーメンのスープを思わせる黒、味は醤油の風味に加え、ぴりりときいたコショウの辛味が特徴です。スパイシーな味わいが、サイダーの甘み・炭酸の心地よい刺激と、ほどよく合わさっています。本年4月1日の発売後、富山県内のスーパー、コンビニエンスストアでの販売の他、高速道路SA・道の駅で観光客向けのお土産品としても定着しています。

ご当地ドリンク“黒割”(くろわり)

そんな“ラーメンをイメージしたサイダー”ですが、お酒の「割り材」としても活用できます(割り材とはアルコールと混ぜて、サワーやハイボールを作るための飲料のこと)。誕生のきっかけは、トンボ飲料に寄せられたサイダーの感想から。ラーメンのことをまったく知らずに飲んだ方の中で「スパイスの効いた炭酸飲料としても楽しめる」という声が想像以上に多く、そして「お酒と割っても美味しいです」という感想も多数寄せられるようになっていました。

黒割(くろわり)
富山ブラックサイダー「黒割」(クリックで大きい画像)
左から、ウイスキー割、焼酎割、ビール割

そこで、この夏、トンボ飲料は、富山県内の居酒屋とコラボレーションを企画。焼酎と割ればほのかに醤油が香る和風サワーに、ウイスキーと割ればコショウのスパイス感が効いた大人のハイボールに、そしてビールと割れば軽めの黒ビールテイストに。ご当地サイダーを使って作る、ご当地アルコールメニュー「黒割(くろわり)」が完成しました。


メニュー記載例

現在は、富山県内の居酒屋を中心に14店舗でメニュー展開中です。中にはレシピに富山ブラックサイダーを使ったオリジナルカクテルを生み出したバーも。地元・富山の方には話のタネ、観光客の方には他では味わえないご当地ドリンクとして。この夏、富山の居酒屋シーンで、ちょっと変わったアルコールメニューがお楽しみいただけます。

本件に関するお問い合わせ

株式会社トンボ飲料 広報室 担当/金田 まで
〒930-0813富山県富山市下赤江町1-6-34
Tel:076-441-4459 Fax:076-431-0264

Url:http://www.tombow-b.jp

以上

※参考資料

富山ブラックサイダー 商品概要

商品名
富山ブラックサイダー
発売日
2012年4月1日
容器/容量
ワンウェイ瓶/240ml
価格
オープン価格
  • 富山県のご当地ラーメン、富山ブラックのやみつき感をイメージして作ったサイダー
  • 醤油の香り、コショウのスパイス感が効いた、真っ黒のオリジナルサイダー



ページの上に戻る